自転車には脚やせ効果があるのか?それとも筋肉がつくだけなのか?

日頃から移動手段として自転車を使っていると、脚やせ効果があるのか、それとも筋肉がつくのか、気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

脂肪を燃やす効果がある有酸素運動といえば、ウォーキングやジョギングをイメージする人が多いと思います。

しかし、適度に心拍数が上がる運動であれば、何をしても有酸素運動になります。

その場で足踏みをしたり、ステップを踏んだり、飛び跳ねたりするだけでも、体内に酸素が取り込まれ、脂肪を燃やしてくれるわけです。

当然、自転車も有酸素運動になり、脂肪を落とすことができるので、脚やせ効果も期待できます。

歩いたり走ったりが苦手な人でも、通勤通学、買い物時などに自転車を使うようにすれば、毎日有酸素運動をすることも可能だと思います。

ただし、ウォーキングやジョギングとは違い、座った状態で足だけを動かすので、ゆっくりペダルを漕ぐのでは心拍数が上がらず、あまり効果がありません。

安全運転が基本ではありますが、少しスピードを上げるか、運動時間を長くするか、負荷を調整できる場合はペダルを重くするかして、軽く息が上がる状態で運動をするようにしてください

筋肉質になる?

さらに自転車の場合は、足の筋肉も使われるので、有酸素運動と同時に、引き締め効果も期待できます。

太ももとふくらはぎの筋肉が使われるので、運動不足の人にはいい刺激になると思います。

ただ、「いつも自転車を使っていると、筋肉質になるのでは?」という相談を受けることもあります。

でも、安心してください。自転車を漕ぐ程度の刺激では、筋肉質になることは絶対にありません。

もし筋肉質になるとすれば、競輪選手のように、立ち漕ぎをしてもペダルが動かないほどの負荷をかけてトレーニングをした場合か、急な上り坂を漕ぎ続けた場合だけです。

ママチャリのように、軽く漕いでスイスイ進むくらいの負荷では、毎日乗っても最低限の筋肉しかつきません。

「毎日自転車を使っていたら筋肉質になった」という人もいますが、それは間違いなく“脂肪”が原因です。脂肪が多くなると、太ももがパンパンになって硬くなるので、それを筋肉だと勘違いしているようです。

自転車には脂肪燃焼効果も引き締め効果もあるので、日頃から積極的に利用するようにしてみてください。


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

足の脂肪を効率よく落とすことができるイチ押しの脚やせ法。

それが、『スリムレッグラボ』です。

特に、頑固な内ももの脂肪を落としたい方、そして太ももに隙間のあるスラっとした美脚を手に入れたい方には、最適な脚やせ法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ