美脚のためには内転筋だけでなく、股関節の筋肉も鍛えるように!

脚やせで確実な効果を得るには、筋肉を刺激する必要があります。
特に美脚を手に入れるには、股関節の筋肉を鍛えることも大切です。

 

脚が太くなる主な原因は“脂肪”“むくみ”です。
どちらも「代謝の悪さ」が原因になっています。

特に下半身は脂肪がつきやすいですし、
心臓から遠いことで血行が悪くなりやすいので、
どうしても太くなる可能性が高いんですね。

では、どうして代謝が悪くなるのか?

それは『筋肉量が少ないから』です。

筋肉がないと代謝が低下し、無駄な脂肪がつきやすくなりますし、
ダイエットをしても脂肪が落ちにくくなります。

もちろん日常生活で脚の筋肉は使いますが、
それは体を支えるために必要な最低限の筋肉しか使われません。

そのままではもっと太くなってしまうでしょう。

しかし、筋肉を刺激すると代謝が上がり、
脚は確実に引き締まっていきます。

脚の太さを気にしている人は、筋肉を刺激する“脚やせ”を意識してください。

内転筋を鍛え、内ももを引き締めること

太ももを細くするには『内転筋』を鍛えることが欠かせません。

内転筋とは“内ももの筋肉”です。

太ももが太い人は、ほとんどが“内もも”
脂肪が多くついていると思います。

でも、それはあなただけではありません。

『内転筋=内ももの筋肉』は日常生活でもほとんど使われないので、
誰でも筋肉が弱く、太ももの中でも一番脂肪がつきやすい部分なんです。

そして内ももに脂肪がつけば、
正面から見たときの脚の幅が太くなります。

太ももを細くするには、
内ももを引き締めることが一番の近道になるわけです。

そのためには『内転筋』を鍛えるしかありません。

スクワット』などの筋トレも必要ですが、
必ず内転筋も鍛えるようにしてください。

内ももを細くするには、内転筋に負荷をかけて鍛えること!

美脚を実現するには“股関節の筋肉”も重要

さらに内ももを引き締めるだけでなく、
太もも全体にメリハリをつけ、脚のラインをキレイにするには、
『股関節の筋肉』も鍛える必要があります。

股関節の筋肉とは腸腰筋(ちょうようきん)のことです。

『腸腰筋』とは、“背骨”“骨盤”“足の付け根”を結び、
体の中心部を支えている重要な筋肉(インナーマッスル)なんです。

では、どうして腸腰筋が美脚と関係しているのか?

実は、腸腰筋と鍛えるメリットはいくつもあるんです。

  • 姿勢が良くなる!
  • 骨盤の位置が正常になる!
  • 体の歪みがなくなり、血流が良くなる!
  • 内臓が上がり、お腹周りが引き締まる!
  • 基礎代謝が上がる!
  • 老廃物が溜まりにくくなる!


どれも脚やせに限らず、全身のスタイルを良くするために欠かせない要素です。

特に基礎代謝を上げ、血流が良くなることによって、
脚が太くなる要因を取り除くことができますし、
筋肉を刺激することで、効率よく細くすることができるわけです。

さらに、太もも全体のバランスが良くなるので、
脚のラインがキレイになっていきます。

腸腰筋を鍛えるには?

『腸腰筋』は股関節の周りにある筋肉なので、
股関節を大きく動かすことで鍛えることができます。

階段や踏み台昇降運動

普通に歩くだけでは、あまり腸腰筋が使われません。

しかし、階段を上ったり、踏み台昇降運動など、
段差を使って足を踏ん張ることで、腸腰筋を鍛えることができます。

フロントランジ

腸腰筋を的確に鍛えるには『フロントランジ』が最適です。

スクワットの応用ですが、足を大きく前に踏み出すことで、
股関節を大きく動かすことができます。

下半身全体を使う筋トレなので、美脚を目指すなら、
是非取り入れてみてください。

美脚エクササイズとしてオススメの「フロントランジ」とは?


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ