内転筋を鍛えれば脚が細くなります!

あなたの脚には、どの部分に脂肪が多くついていますか?
多分、”太もも内側”の脂肪が気になっていると思います。

 

あなたは内転筋(ないてんきん)という筋肉を知っていますか?

名前だけは聞いたことがあるかもしれませんね。

内転筋とは、”太ももの内側=内もも”にある筋肉のことです!

そしてこの内転筋は、脚やせで一番重要な筋肉です。

では、どうして内転筋が重要なのか?

内ももが引き締まれば脚が細くなります!


まず、脚の太さを気にしている人は、
どうして脚が太く見えるのか分かりますか?

それは、脚の幅が太いからですよね?

鏡などで、脚を正面から見たときに
太く見えると思います。

そして、脚を正面から見たときに太く見えるのは、
”太ももの内側=内もも”に脂肪がついているからです。

内ももに脂肪がついている人は、内転筋を鍛えれば、
自然と脚が引き締まっていきます。

内転筋は弱い筋肉です…


では、どうして内ももに脂肪がついてしまうのか?

それは、内転筋が弱い筋肉だから!

内転筋は、日常生活でほとんど使われることがないので、
どうしても筋肉が衰えているんです。

特に、女性の体は脂肪を溜め込みやすいので、
筋肉が弱い部分に脂肪がつきやすくなります。

女性の場合、内転筋を鍛えない限り、
脚が細くならないと言ってもいいでしょう。

さらに、座っているときに自然と膝が開いてしまう人は、
かなり内転筋が弱いと思ってください。

そういう人は脚も太くなる傾向があります。

内転勤を鍛えること!


脚を細くするには、内転筋を鍛え、
内ももを引き締める必要があります。

内転筋は弱い分、意識して鍛えることで、
効率よく引き締めることができます。

そして、内転筋の鍛え方も簡単です!

内転筋の筋トレ


内転筋は、脚を閉じるときに使う筋肉です。

なので、内転筋を鍛える一番簡単な方法は、

ゴムボールやクッションなどを膝の間に挟み、
両側からクッションを押し潰すように力を入れることです。

タオルや座布団を折りたたんで挟んでもOK!

弱い筋肉なので、最初から無理をすると痛める可能性があります。
痛みを感じたら無理をしないようにしてください。

脚を確実に細くする方法


内転筋を鍛えれば、確かに脚は細くなります。

でも、脚には他にも筋肉があり、全てをバランスよく鍛えることで、
確実に脚を細くすることができます。

  • 太ももの表側
  • 太ももの裏側
  • 太ももの内側
  • 太ももの外側


この「4つの筋肉」を鍛えることで、
前後左右、全ての方向から引き締めることができるわけです。

ただ、全ての筋トレをするのは大変ですよね?
効果を実感するまで、多少の時間もかかります。

なので、少しでも早く、簡単な方法で脚を細くしたいのであれば、
天使の美脚塾を参考にしてみてください。

色んなポーズをとるだけで、全ての筋肉を刺激し、
効率よく脚を引き締めていきます。

即効性も期待できるし、
”筋肉質な脚”でも細くなるのが特徴です。

全額返金保証」もついているので、
脚の太さを気にしている人はオススメの脚やせ法です。

天使の美脚塾の詳しい紹介はこちら


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ