野菜ばかり食べても脚が細くなるわけではありません…

少しでも早く結果を出すために、ほとんど食事を摂らなかったり、野菜ばかり食べたりする女性が多いのですが、それだと脚は細くならないかもしれません…。

 

女性はダイエットをするとき、極端な食事制限をすることが多い傾向にあります。

ほとんど食べなかったり、ちゃんと1日3食摂らなかったり、野菜ばかり食べたり…。

確かにダイエットをするときには、食事制限をしてカロリーを抑える必要があるので、食べる物には気を遣わなければなりませんし、実際に食べなければ体重は減っていきます。

脚やせの場合も、全身に脂肪がついていたり、ポッチャリしている人であれば、ダイエットをすることで脚も細くなっていきます。脚やせよりも、まずは痩せることを考えましょう。どんどん太っているのに脚だけを細くすることなんて不可能ですからね。

≫これ以上太りたくない人にオススメの方法

野菜ばかり食べると逆効果になることも…

しかし食事制限といっても、ただ食べる物を制限すればいいわけではありません。

栄養バランスを考えない極端な食事制限(食事を摂らなかったり、野菜が中心の食事)をすると、どんどん代謝が低下し、痩せにくい体、太りやすい体になってしまうんです。

その結果、運動や筋トレをしても、脂肪を効率よく燃焼できなくなります。

一時的に痩せるのであれば、食べないのが一番簡単な方法ではありますが、脂肪が落ちずに体重が減るだけなので、目標体重に達して普段の食事に戻すと、あっという間にリバウンドしてしまいます。

さらに、痩せても体が一回り小さくなるだけなので、キュッと引き締まったメリハリのある体にはなれず、ただ細いだけの貧相な体、品のない体になってしまいます。

また、痩せるためには糖質を制限することも効果的ですが、野菜には糖質が多く含まれています。

特にカボチャやニンジンなど、甘い野菜には糖質が多いので、お米やパン、麺などの炭水化物を制限しているつもりでも、実は意外と糖質も摂取しているわけです。

もちろん糖質を完全にカットするのは不可能ですし、ダイエットの敵でもないので、食べ過ぎなければ全く問題ありません。

ただ、ヘルシーな食事を心掛けていても、それでは栄養バランスが良くないのは分かりますよね?

体を作るために一番重要な栄養素が欠けています。

たんぱく質をしっかり摂ること

脂肪を落とし、体を引き締めるために必要な栄養素、それは『たんぱく質』です。

筋肉の栄養源になるので、たんぱく質を摂らないと、運動や筋トレをしても体は変わっていかないんですよ。

そして代謝を上げ、効率よく脂肪を燃焼させるのも、キュッと引き締め、綺麗な体のラインを作るのも、必要なのは「筋肉」なんです。

野菜しか食べないような食事をしていると、健康的には痩せれません。体が衰えていくだけです。

もちろんカロリーを抑えることは絶対条件ですが、低脂肪の肉や魚なら、カロリーを摂り過ぎることはありません。

むしろ綺麗に痩せたいのなら、たんぱく質中心の食事をするようにしてください。

でも、後先考えず、とりあえず体重だけを落としたいのであれば、これまで通り、極端な食事制限を続けてください。いずれ後悔するときが来ると思いますが…。


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ