脚が太くて筋肉質な人は筋トレをしないほうがいいのか?

意外と女性で悩んでいる人が多いのが、筋肉がついた筋肉質な脚です。では、脚を細くするためにはこれ以上筋トレをしないほうがいいのでしょうか?

 

学生時代に部活をしていたり、激しい運動をしていると、当然普通の女性より筋肉がつきます。

下半身に強い負荷がかかれば、筋肉がつくのは仕方ないことです。

でも、パンパンでゴツゴツした脚は、女性にとってすごく気になりますよね?
誰だってスラッとした美脚に憧れると思います。

ただ、脚を細くするためには筋トレが欠かせません。

筋肉質な人は抵抗があるかもしれませんが、
筋トレをすることで脚を引き締めることができます。

筋肉は使わなければ勝手に落ちていく

まず、筋肉が原因で脚が太くなっている人はごく稀です。

スポーツをしていても脚が細い人はたくさんいます。
本当に筋肉質になるのは、重いバーベルを担いでスクワットをしたり、
アスリート並みのトレーニングをしている人くらいです。

もちろん誰でも運動をすれば筋肉がつきますが、それだけで脚が太くなることはありません。

また、過去に運動をして筋肉がついていたとしても、
その後しばらくトレーニングをしなければ、使われない筋肉は勝手に落ちていきます。

部活をしていた人でも、やめて1年以上経っているのなら、
同じ筋肉量をキープしているとはまず考えられません。

そして筋肉が落ちると代謝が低下するので、自然と脂肪がつき、
脚が太くなっていきます。

自分のことを「筋肉質」だと思っている人は、ほとんどがこのパターンですね。

代謝が悪くなると老廃物が溜まりやすくなり、脂肪も固くなるので、
筋肉でパンパンになっているように感じるのかもしれません。

そんな人は単純に脂肪がなくなれば、確実に脚がスッキリして細くなります。

つまり、本当に筋肉がついている人は使わなければ落ちていきますが、
しばらく運動をしていない人の場合は、筋トレをしないと脂肪がつき、
さらに脚が太くなっていくわけです。

筋トレをすると脚が引き締まる

基本的に筋肉は「男性ホルモン」によって大きくなるので、
女性は筋トレをしても太くなることはありません。

当然ながら女性には「女性ホルモン」が多く、男性ホルモンは少しだけです。
そして女性ホルモンには体を引き締め、女性らしい体を作る働きがあります。

ですから、女性は筋トレをすることで体が引き締まっていくわけです。

脚が太くなるほど筋肉をつけようと思えば、ジムで何十キロもの負荷をかけて筋トレを行い、
それを3ヶ月以上は続ける必要があるんですよ。

自分の体重だけで行う筋トレなら、ちゃんと脚を細くすることができます。

鍛えるだけでも引き締まりますし、筋トレをすると代謝が良くなるので、
老廃物を排出したり脂肪を燃焼させることもできます。

また、現在も運動を続けていたり、つい最近までやっていて筋肉が気になってる場合は、
“遅筋”を鍛えて筋肉の質を変えることで、引き締め効果を得ることも可能です。
筋肉質な脚を細くするには、筋肉を落とさずに“質”を変える!

運動をやめることができない状況なら、こういったアプローチを試してみてください。

P.S.

筋肉がついている脚は、リンパマッサージでスッキリさせることができます。

老廃物が溜まり、脂肪が固くなっている人にもリンパマッサージが効果的なので、
脚を細くした人にはプロのテクニックをマスターできる『スリムレッグラボ』をお勧めします。

筋肉は落とさず、老廃物や毒素を排出して細くしていくので、
バランスよく引き締まった美脚に変えることができますよ^^

よかったらこちらを参考にしてみてください。

『スリムレッグラボ』の詳細はこちら


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ