筋トレをして脚が細くなっても、少しサボったらまた太くなるのか?

使わなければ衰えていく筋肉ですが、筋トレをずっと続けるのは大変…。
では、少しサボっただけでもまた太くなってしまうのでしょうか?

 

脚やせに筋トレが効果的なのは分かっていても、続けるのは大変ですよね?

1ヶ月程度筋トレをすれば確実に脚は細くなりますが、筋肉は使わなければ衰えていくので、
その後全く筋トレをしないと元に戻る可能性もあります。

筋肉を落とすのは簡単ですが、維持するのは大変なことなんです。

でも、せっかく細くなったなら、それをいつまでもキープしたいですよね?

大丈夫です!
少しサボったくらいで太くなることはありません^^

一度細くなった脚は、定期的に筋トレをすることでキープすることができます。

筋トレをしたのと同じ期間サボると元に戻る

基本的に筋肉が完全に元に戻るには、
脚を細くするために筋トレをしたのと同じ期間がかかります。

例えば1ヶ月筋トレをした場合、その後1ヶ月間サボったら筋肉が落ち、
脚の太さも元に戻る可能性があるわけです。

つまり1ヶ月休まない限り、脚の太さはキープできると言えます。

でも、さすがに月に1回の筋トレでは引き締め効果が低下してしまうので、
脚が細くなった後も、週に1回程度は筋トレをすることをオススメします。

特に下半身には大きな筋肉が集まっているので、代謝の低下を防ぎ、
脂肪がつきにくい状態をキープすることもできます。

一度脂肪が落ちれば簡単に戻らない

脂肪太りで脚が太い場合、脂肪を落とすことで確実に脚は細くなります。

そのためには有酸素運動や筋トレ、最低限の食事制限が必要ですが、
一度脂肪を落としてしまえば、簡単に脚の太さが元に戻ることはありません。

よほど暴飲暴食をしない限り、すぐにまた脂肪がつくことはありませんし、
筋トレをしたことで、以前より脂肪がつきにくい状態になっています。

定期的に筋トレをして筋肉を維持することは欠かせませんが、
一時的に引き締めただけではないので、長い間細い状態をキープできるでしょう。

まとめ

脚はすぐに細くなるものではないので、1~3ヶ月程度の期間が必要になります。
無理のない範囲で運動や筋トレを継続することが大切です。

しかし一度細くなれば、定期的に筋肉を維持するための筋トレを行うだけで、
頑張って手に入れた美脚のままでいることが可能です。

何もしなければ年々代謝が低下し、脚はどんどん太くなりますが、
正しい方法で脚やせを行うと誰でも細くすることができるので、

1ヵ月後、2ヵ月後、3ヵ月後に理想のスタイルを手に入れるため、
是非諦めずに脚やせに挑戦してほしいと思います。

P.S.

きつい筋トレはしたくない人、少しでも早く脚を細くしたい人にはコチラをお勧めします。


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ