ストレッチには脚やせ効果もダイエット効果もありません

どんなストレッチをしたら脚が細くなりますか?

こんな質問をよくいただきます。

ストレッチは体を動かし続けるわけではありませんし、運動不足の人でも簡単にできるので、すぐに始めやすいものだと思います。筋肉がつく心配もありませんからね。

でも、問題は、「ストレッチで本当に脚が細くなるのか?」ということです。

筋肉を伸ばしただけで細くなるわけがない

ストレッチには色んなやり方がありますが、どれも基本的には「筋肉を引っ張って伸ばすこと」を目的としています。

それによって体を柔らかくしたり、筋肉の柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げたりすることができるといわれています。実際にその効果は期待できるでしょう。

しかし残念ながら、どれも脚を細くすることには全く関係のないものばかりです。

運動をする前にケガを防止したり、使っていない筋肉を伸ばすことでリラックス効果を得ることはできますが、体を柔らかくしたところで脂肪がなくなって体が引き締まるわけがありません。代謝が良くなると思っている人も多いようですが、その程度で代謝が上がることもありません。

つまり、脚やせやダイエットのためにストレッチをしても、ほとんど効果はないわけです。

食事制限も運動もせずに、ストレッチをしたくらいで体が細くなるのなら、誰も苦労はしません。これはストレッチのやり方の問題ではなく、「体を伸ばすだけで脚を細くすることはできない」ということです。

むくみには一時的な効果がある

ただし、ストレッチをすると一時的に血流を良くすることはできるので、むくみがある人には効果があります。

女性は筋肉量が少ないので、むくみやすい体質の人が多く、夕方になると脚がパンパンになることもあると思います。そんな人は、お風呂上りにストレッチやマッサージをすることで、むくみを解消することができます。

しかし、それも一時的な効果でしかありません。体質は変わらないので、毎日むくみとストレッチを繰り返す生活を続けることになるでしょう。

でも結局は、むくみがなくなっても本来の脚の太さに戻るだけです。そこからさらに細くすることはできません。

運動や筋トレ、食事制限をするしか方法はない

少しでも楽な方法を探す気持ちは分かりますが…

本当に脚を細くしたいのであれば、運動や筋トレ、食事制限をするしかないんですよ。

例えば、脚だけでなく、全身に脂肪が多くついている人なら、ダイエットをして脂肪を落とせば、脚も勝手に細くなります。

都合よく解釈している人もいますが、一部分だけの脂肪を狙って落とすことなんてできませんからね。落ちるときには全身の脂肪がバランスよく落ちていきます。

でも、やはり一番効果的なのは、筋トレをすることです。

そもそも女性は、筋肉がないことが原因で下半身が太くなりやすいので、筋トレをして筋肉量を増やし、同時に体の中から引き締めてあげれば、確実に脚を細くすることができます。

女性は普通に筋トレをするくらいで筋肉質になったり、筋肉がつき過ぎて脚が太くなることなんてありえないので、必ず筋トレを行うようにしてください。

筋肉がつきやすい男性でも、ジムでハードなトレーニングをしないとムキムキになれないのに、女性が簡単な筋トレをしたくらいで筋肉質になるわけがありませんからね。

トップモデルだってジムに通ってトレーニングをしているんですから、その効果は言うまでもないと思います。

ただ、筋トレのやり方によっては、バランスや形が悪くなることはあるので、キュッと引き締まった美脚になりたい人には、プロのトレーナーが作った『天使の美脚塾』をいう脚やせプログラムをオススメします。

下半身全体を前後左右から立体的に引き締めることができる、唯一の脚やせ法です。


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ