ウォーキングでも脚が細くなるのか?歩くだけで筋肉がつく?

運動不足の人でも気軽にできる運動としてお勧めのウォーキング。
しかしウォーキングだけで筋肉がつき、脚が細くなるのでしょうか?

 

“ウォーキング”は体への負担も少ないので、
年齢に関係なく、誰でも気軽にできる運動です。

運動経験の少ない人や運動不足の人でも、
無理なく始めることができます。

女性でダイエット経験がある人なら、
一度はウォーキングをしたことがありますよね?

正しいウォーキングとは?

今さら説明することでもないと思いますが…
ウォーキングとは「歩くこと」です^^;

でも、運動としてウォーキングを行うなら、
ただ歩くだけでは意味がありません。

『有酸素運動』になるよう、“早歩き”をする必要があります。

早歩きをして少しだけ心拍数を上げ、酸素を体内に取り込むことで、
“心肺機能の向上”“脂肪燃焼効果”が期待できるわけです。

もちろん、脚やせでもウォーキングは効果的です。

ウォーキングの脚やせ効果は?

ウォーキングなどの有酸素運動には脂肪を燃やす効果がありますが、
当然、これは“お腹周りの脂肪”に限ったことではありません。

全身の脂肪に効果があるので、
太ももについた脂肪を落とすこともできます。

脚が太くなる原因として一番大きいのは「脂肪がつくこと」なので、
脚を細くするために有酸素運動を行うのは非常に効果的です。

無理なくできるウォーキングなど、適度に有酸素運動を行いましょう。

しかし、下半身につく脂肪は『皮下脂肪』です。

お腹周りにつき、「付きやすく・落ちやすい」という特徴の『内臓脂肪』に対し、
下半身につく『皮下脂肪』は落とすのが難しく、
脚やせ効果を実感できるまで、かなりの時間がかかってしまいます。

ダイエットをしても太ももが細くならない理由とは?

では、どうすれば確実に脚を細くできるのか?

そこで重要なのが筋肉を鍛えることです。

筋肉を鍛えることで代謝が上がり、脂肪が落ちやすい状態になりますし、
体の中から太ももを引き締めることもできます。

さらに筋肉を鍛えると、必要なところにはボリュームを出し、
引き締めるところはキュッと絞ることができるので、
メリハリがついて脚のラインがキレイになります。

美脚を手に入れるには、筋肉を鍛えることが欠かせないわけです。

でも、ウォーキングをするときにも脚の筋肉を使いますよね?

有酸素運動と筋トレが同時にできるのであれば、
ウォーキングをしただけで脚は細くなるはずですが…

ウォーキングでは必要最低限の筋肉しか使われない

確かに、ウォーキングでも脚の筋肉は使われます。

しかし残念ながら、ウォーキングでは筋肉がつきません。

生活をする上で自分の体を支えることができる最低限の筋肉しか使われないので、
脚を細くするための筋トレにはならないんです。

ウォーキングはあくまでも有酸素運動としての効果しか期待できないので、
脚を引き締めるには、ちゃんとした“筋トレ”が必要になります。

大切なポイントは適度な負荷をかけるということ。

筋肉は負荷をかけることで反応し、引き締めることができるわけです。

歩くときにかかる体重は負荷にならないので、正しいフォームで筋トレを行い、
太ももに対して的確に負荷をかけるようにしましょう。

まずは王道の「スクワット」から始め、
慣れてきたら他の筋トレにも挑戦してみてください。

太ももを引き締める筋トレはこちら

正しく筋肉を刺激すれば、必ず脚は細くなりますよ^^

ウォーキングだけでは脚が細くならない?

・ウォーキングには脂肪燃焼効果があるので効果的!
・でも、脚やせに必要な筋肉は鍛えられない!
・脚を細くするには、筋トレをして筋肉に負荷をかける!


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ