脚が太いわけではないのに憧れの美脚になれない理由とは?

いくら脚が細くても、それだけで美脚になれるわけではありません。ただ細いだけの人と美脚の人とでは、一体何が違うのでしょうか?

 

そんなに脚が太いわけじゃないのに、ムチッとしていたり、ボテッとしていたり、形が悪かったり…

なぜかスラッとした脚には見えない人が多いと思います。

というか実際のところ、大抵の女性がそうではないでしょうか?標準体型の人だと、脚だけがすごく太いってことはあまりありませんからね。

でも反対に、「脚がキレイだなぁ」と思える人も少ないはずです。ただ細いだけの人はたくさんいますが、美脚の人ってなかなかいないと思います。

では、どうして脚が細くても美脚になれないのか?太くはないのに、キレイに見えないのか?

それは、「キュッと引き締まっていないから」です。

基本的に脚の太さは、脂肪の多さやむくみ具合によって変わってきます。

ウエストと同じように、脂肪がなければ細くなるし、むくみがなければ、本来の太さ以上に太く見えることはありません。

しかし脂肪がなくても、キュッと引き締まっていなければ、脚のラインがぼやけ、ボテッとした印象になってしまうんです。

これが、脚が細くても美脚になれない原因です。

筋肉が美脚を作る

では、そこから美脚に変えるためには、一体どうすればいいのか?

その大きな鍵となるのが、『筋肉』です。

脂肪の下には筋肉があり、この筋肉が脚のラインを決めます。そして筋肉は、鍛えることで引き締めることができます。

骨の太さを変えることはできませんが、筋肉を鍛えれば脚にメリハリが付き、ラインを綺麗にすることができるのです。

それに、元々脂肪が少ない状態だと、それ以上落とすことはできませんし、女性なのに脂肪が少なすぎると、筋肉のラインまでもがまるわかりになり、ゴツゴツした印象になってしまいます。

つまり、美脚になるには、筋肉を刺激して引き締めるしかないわけです。

プロ意識を持った一流のモデルさんは、必ずと言っていいほどジムでトレーニングをしたり、自宅でエクササイズを実践しています。

それは、脂肪が少なくて脚が細くても、トレーニングをしないと美脚になれないからです。

でも、モデルさんは決して筋肉質ではないですよね?

それが答えです。

脂肪が多ければダイエットも必要になりますが、あなたが脚の形やラインに不満を感じ、スラットした美脚になりたいのであれば、とにかく筋トレを行うようにしてみてください。

美脚になるための効果的な筋トレはこちら


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ