インナーマッスルが『脚やせ』と『美脚』を実現します!

脚やせに不可欠な筋トレも、適当に鍛えるのでは意味がありません。
引き締め効果の大きい“ある筋肉”を鍛えるのがポイントです。

 

脚の太さを気にしている人のほとんどが、
ダイエットをして脚を細くしようとします。

もちろん全身の脂肪が多い場合は、
ダイエットをすることで脚も細くなります。

しかし、特に太ももの脂肪は落ちにくいので、
ほとんど変化がない人も多いはずです。

基本的に“ダイエット”“脚やせ”は違います。

ウォーキングやジョギングのような有酸素運動をしなくても、
空腹を我慢するようなつらい食事制限をしなくても、
太ももやふくらはぎを引き締めることができるんです。

では、どうすれば脚が細くなるのか?

脚やせで一番重要なのは筋肉を刺激することです。

脚には全身の7割近い筋肉が集まっているので、
その筋肉を刺激することによって、簡単に引き締めることができます。

メリハリのついた“美脚”になるためにも欠かせないことですね。

でも、適当に鍛えるだけでは効果がなく、
さらに筋肉のバランスが悪くなってしまうこともあります。

脚やせでは、体の深い部分にある小さな筋肉を鍛えることが大切です。

引き締め効果の大きい筋肉とは?

人間の体には“2種類の筋肉”があります。

それがアウターマッスルインナーマッスルです。

アウターマッスルとは?

『アウターマッスル』は体の表面上にある大きな筋肉で、
鍛えることにより、筋肉がついたように見えるのが特徴です。

大きくなりやすい筋肉なので、
男性は主に『アウターマッスル』を鍛えて筋肉をつけていきます。

もちろん引き締め効果もありますし、体の中で占める割合も大きいので、
女性でも適度に鍛えることが欠かせない筋肉です。

定番の「スクワット」などで鍛えられます。

インナーマッスルとは?

『インナーマッスル』は、体の深い部分にある小さな筋肉の集まりなので、
鍛えても大きくなることはありません。

反対に、鍛えるほど引き締まっていくのが『インナーマッスル』の特徴です。

脚の筋肉の深い部分から引き締めていくイメージですね。

脚を細くするためにも、同時に美脚を作るためにも、
特に引き締め効果の大きい『インナーマッスル』を鍛えることが大切です。

バランスよく鍛えることで、
太ももやふくらはぎにメリハリをつけることもできます。

インナーマッスルを鍛えるには?

脚やせのためには欠かせない『インナーマッスル』ですが、
鍛えるのが難しい筋肉でもあります。

スクワットなど、定番の筋トレでもインナーマッスルは刺激されますが、
集中的に鍛えるには、“チューブ”“ゴム製のボール”を使った筋トレが効果的です。

このようにチューブを使い、ゴムの張力によって不安定な負荷をかけることで、
深い部分にある『インナーマッスル』が自然と使われるわけです。

“内転筋=内ももの筋肉”を鍛えるには、
ゴム製のボールを使ったトレーニングも効果的です。

脚を引き締めるには、スクワットなどのアウターマッスルトレーニングだけでなく、
チューブやゴム製のボールを使い、効率よくインナーマッスルを鍛えていきましょう。

P.S.

ただし、“太ももの前後左右にある筋肉”“ふくらはぎの筋肉”など、
脚全体のインナーマッスルをバランスよく鍛えるには、
何種類もの筋トレが必要になります。

それでは時間もかかりますし、
全体がバランスよく引き締まるとも限りません。

しかし『天使の美脚塾』なら、用意されたポーズを数十秒とるだけで、
脚やせに必要な筋肉を無駄なく刺激することができます。

あなたが簡単な方法で、少しでも早く脚を細くしたいなら、
『天使の美脚塾』の脚やせエクササイズをおすすめします。

もし効果がなかった場合の「返金保証」もついているので、
筋トレに抵抗がある人や、筋トレが続かない人は一度試してみてください。

無駄な筋肉をつけたくない人にも最適な脚やせ法です。

『天使の美脚塾』の詳しい紹介はこちら(数量限定の特典付き)


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ