太ももの筋肉が脂肪に変わる?太ももの脂肪が増える原因は?

運動不足によって筋肉が低下すれば、当然脂肪が増えていきます。
どうして脂肪が増えるのか?本当に筋肉が脂肪に変わるのか?

 

あなたは「太ももの脂肪」を落としたいと思いませんか?

脂肪が多いと脚が太くなるだけでなく、全身のバランスも悪くなり、
見た目の印象に影響を与えてしまいますよね?

脚が短く見えますし、どうしてもスタイルが悪くなってしまいます。

でも、やはり『脂肪がつくこと』
脚が太くなっている人が圧倒的に多いです。

そして、その主な原因となっているのが筋力の低下です。

筋力が低下することで代謝が悪くなり、
脂肪がつきやすい状態になるわけです。

ですから、太ももを細くするには筋肉を鍛え、代謝を上げることで、
脂肪を落としやすい状態にしてあげる必要があります。

さらに、太ももには体の中で一番大きな筋肉があるので、
適度に鍛えてあげると、脚をキュッと引き締めてくれるんです。

ただ、学生の頃に運動をして筋肉がついている人もいると思いますが、
それでも脚は太くなっていくので注意が必要です。

筋肉は落ちやすいので脂肪が増えていく

女性でも運動をしていると、当然筋肉はついていくので、
筋肉質な太ももを気にしている人もいるかもしれません。

しかし、筋肉は落ちやすい特徴があるので、
しばらく運動しないだけ筋力は低下していきます。

一度ついた筋肉を維持するのってすごく大変なことなんですよ。

自分では「筋肉質」だと思っていても、
低下した筋肉の上に脂肪がつくことで、
太ももがパンパンに張っていることが多いんですね。

また、運動をやめた人の脚に脂肪がつくと、
『筋肉が脂肪に変わった』と思っている人もいるんですが、
そもそも“筋肉”“脂肪”は全くの別物です。

筋肉が脂肪に変わることは絶対にありません。

筋力が低下して代謝が落ちるから脂肪が増えていくんです。

そして、人間の体は年々筋力が低下し、代謝が落ちていきます。

そのまま何もしなければ、どんどん脂肪が増え、
ブヨブヨの下半身になってしまいます。

特に下半身には脂肪がつきやすいので、
筋力を維持しないと、確実に太くなっていくでしょう。

でも、筋肉を鍛えれば太ももが細くなるだけでなく、
脚全体のラインがキレイになっていくんですね。

締めるところはキュッと締め、立体感を出すところは適度に筋肉をつける

それによって脚にはメリハリがつき、
スラッとした美脚を手に入れることもできます。

太ももの脂肪が気になる人は、必ず筋肉を鍛え、
脂肪を落としながらバランスよく引き締めていきましょう。

P.S.

『天使の美脚塾』で目指すのも“メリハリのある美脚”です。

ある方法でインナーマッスルを刺激し、ただ細くするだけでなく、
脚のラインを整えながら引き締めていきます。

もし効果がなかった場合の「全額返金保証」もついているので、
本気で脚を細くしたい人は是非挑戦してみてください。

『天使の美脚塾』の詳しい紹介はこちら(数量限定の特典付き)


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ