冷え性は脚やせの敵!冷えを改善して効率よく脚を細くするには?

 

下半身太りで悩んでいる人の多くは「冷え性」の症状があるようです。
脚が細くならない原因を取り除き、効率よく脚やせをしていきましょう。

 

女性なら多くの人が体の冷えを経験していると思います。

特に手や足などの末端部分が冷える
冷え性」で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

冷え性の人はどうしても下半身が太くなりやすく、
ダイエットをしてもなかなか細くなりません。

脚やせをするなら、同時に冷えを改善することも考えるべきです。

どうして足が冷えるのか?

冷え性は、簡単にいうと「血行障害」によって生じます。

基本的に手や足などの末端部分は心臓から遠いので、
どうしても血液の循環が悪くなることがあるわけです。

また、女性が冷え性になりやすいのは、
皮下脂肪の多さも関係しています。

皮下脂肪は熱を通しにくいため、冷えを感じやすくなるんですね。

内臓に脂肪がつく「内臓脂肪型」の男性に対し、
女性は下半身に脂肪がつく「皮下脂肪型」なので、
冷え性で悩む人も多くなります。

さらに女性は元々筋肉量が少ないので、代謝も悪く、
スムーズに血液を運びにくいことも原因になります。

他には意外と知られていませんが、食事も関係しているんです。

筋肉の栄養源になる「たんぱく質」が不足すると代謝が悪くなりますし、
「ビタミン」や「ミネラル」「脂肪」も血液の流れに影響を及ぼします。

これは冷え性だけでなく、どれも「むくみ」の原因にもなるので、
脚やせでは改善していく必要があります。

冷え性を改善しながら脚を細くする方法

冷え性の原因になってることを全て改善していくことで、
脚を細くすることができます。

そのポイントになるのが、「筋肉量」と「食事」です。

まず、筋肉量を増やすことで血流を良くし、
代謝を上げて脂肪を燃焼しやすい状態に変えていきます。

下半身には全身の筋肉の7割近くが集まっているので、
「スクワット」などの筋トレをすると、かなり効率よく代謝を上げることができます。

さらに鍛えた部分がキュッと引き締まり、脚のラインがキレイになります。

下半身を鍛えるには色んな筋トレがあるので、
自分に合ったものを選んで実践してみてください。

脚を細くするための太ももの筋トレ
血流を良くするためのふくらはぎの筋トレ

こういった筋トレは、筋肉を大きくしたり筋肉質になるものではなく、
量を増やしながら代謝を上げ、引き締めるために行うので、
筋肉で脚が太くなったり筋肉質になる心配はありません。

次に食事では、血液の流れを悪くする塩分を控え、
たんぱく質」をしっかり摂るようにしてください。

また、こまめに水分を摂ることも大切です。
水分不足になると、血液がドロドロになってしまいます。

他には「リンパマッサージ」も効果的です。

冷え性を改善しながら同時に脚を細くすることができますし、
何よりも楽なので、無理なく続けやすいのが大きなメリットですね。

ただし、リンパマッサージは難しいので、
本当に効果のあるマッサージはできないと思いますが、
自宅でプロのテクニックをマスターできるこちらを参考にしていただければ、
最短で脚は細くなっていくと思います。


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ