内ももとわき腹を引き締め、体のラインがキレイになる筋トレとは?

“内もも”と“わき腹”がメリハリのある体作りのポイントになります。
2ヶ所を同時に鍛えることができる効果的な筋トレを紹介します。

 

キレイなボディラインを手に入れるためには、
体をバランスよく、立体的に引き締めることが大切です。

そして、体に“メリハリ”をつけていきます。

ただ細いだけの体って魅力的じゃないですよね?

スタイルの良さは「体のメリハリ」で決まると思います。

  • たとえ脚が短くても、太もも~ふくらはぎにかけてメリハリがついていれば
    ラインがキレイになり、脚が長く見えます。
  • 棒のような脚より魅力的に見えます。
  • 細いだけの人より、“くびれ”があるだけでスタイルが良く見えます。


このように、特に「太もも」と「ウエスト」のメリハリが重要になってきます。

では、どうすればメリハリをつけることができるのか?

その鍵になるのが『内もも』『わき腹』です。

「脂肪が多く、ボテッとした印象の内ももを引き締め、
指でたっぷりとつまめるわき腹をキュッと締める」

この2つが大切なんですね。

そのためには筋肉を鍛えることが欠かせません。

今日はその2ヶ所を同時に鍛えることができる
『サイドプランク』という筋トレを紹介するので、
美脚になりたい人やスタイルを良くしたい人は、是非実践してみてください。

『サイドプランク』の正しいやり方

(1)床に片側の肘をついて横向きになり、下の足の膝を後ろに90度曲げます。

(2)反対の手は腰に当て、伸ばした足と肩が一直線になるように体を浮かせます。

(3)膝を曲げたほうの足も床から浮かせ、3~5秒間キープします。

できない人は、下の足を床につけたまま行ってください。
慣れてきてから体を浮かせれば大丈夫です^^

(4)一度体を下ろし、またすぐに浮かせて、これを3~5回行います。

(5)反対側も同じように行います。

伸ばしているほうのわき腹と内ももに意識を集中させ、
浮かせた体をキープするようにしてください。

※それぞれ1~3セット行う。
※あっという間に終わるので、できれば毎日行うと効果的。

内ももとわき腹は日常生活であまり使われず、どうしても脂肪がつきやすい部分なので、
ちゃんと筋肉を刺激してあげないと体は変わりません。

立体的に引き締めてメリハリをつけ、
自分に自信が持てるようになる体を目指してほしいと思います^^


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ