ながら運動で出来る「つま先立ち」でふくらはぎを引き締める!

太ももだけでなく、ふくらはぎも女性のスタイルを大きく左右します。
日頃から「ながら運動」をしてふくらはぎを引き締めていきましょう^^

 

脚を細くしたいと思っている人は、ほとんどが「太もも」を気にしていると思います。

脚の出すのに抵抗があったり、細身のパンツを穿いてもパッツンパッツンになったり、
太ももは一番目立つ部分なので、やはり女性なら気になりますよね?

でも、同じくらい見た目に影響を与える部分が他にもあります。

それが「ふくらはぎ」です。

ふくらはぎの太さや形を気にしている人もいると思いますが、
太ももに比べると、あまり意識していない人のほうが多いのではないでしょうか?

確かにパーツとしては小さいですし、パンツスタイルでは完全に隠れる部分でもあります。

しかし、7分丈のパンツやワンピース、スカートなど、
ふくらはぎを出すファッションをしている人も多いと思います。
生脚ではなく、レギンスを穿いていたとしても、太さや形はしっかり分かりますよね?

そのとき、太もも以上にふくらはぎが目立つことだってあるわけです。

全体的に太かったり、膝~足首にかけてのラインにあまり差がないと、
下半身がボテッとした印象になり、脚が短く見えますし、
結果的に太ももの太さにも影響を与えてしまいます。

でも、ふくらはぎの位置が高く、足首がキュッと締まっているとどうでしょうか?

膝下にメリハリがついて脚が長く見え、スタイルが良くなります。

美脚を目指すなら、太ももとふくらはぎはセットで考える必要があるんですね。

大切なのは、下半身全体のバランスです。

そのためには必ずふくらはぎのエクササイズを行い、
メリハリがつくように引き締めていきましょう。

ふくらはぎを引き締める簡単エクササイズ

ふくらはぎは、簡単なエクササイズで引き締めることができます。

ふくらはぎの筋肉が一番使われるのは踵(かかと)を浮かせたときなので、
つま先立ち」をすればいいわけです。

つま先立ちをしてみると、ふくらはぎの筋肉が上に動き、硬くなるのが分かると思います。さらに足首にも力が入り、キュッと引き締まります。

基本的にふくらはぎのエクササイズはこれでOKです^^

他に難しい筋トレをする必要はないので、
日常生活の中で「ながら運動」として実践してみてください。

ふくらはぎの筋肉を意識し、できるだけ限界まで踵を上げると効果的です。

その状態で2~5秒間キープしてゆっくり踵を下ろし、それを繰り返すだけ。
15回くらい繰り返し、1日に2~3セットするとベストです。

家事をしながら、テレビを見ながら、歯磨きをしながら、
ほんの少しの時間を見つけてやってみましょう。

また、座ったままでも効果があるので、仕事中でも出来ますよね^^
小さいお子さんがいる場合は膝に乗せてやると、負荷がかかってさらに効果がアップします。

こんな簡単な方法でも1ヶ月程度続けると、確実に引き締め効果を実感できると思います。


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ