横に広がった大きな四角いお尻を引き締める効果的な筋トレ

日本人に多い「横に広がった四角いお尻」はだらしない印象を与えます。
美脚を作るのと同時に、キレイなヒップラインを手に入れましょう^^

 

あなたは自分のヒップラインに自信がありますか?

多分、「はい」と答えられる人は少ないのではないでしょうか?

残念ながら、日本人女性の多くが「四角いお尻」をしています。
丸みがある立体的な形ではなく、横に広がって四角くなり、平面的な形をしていると思います。

結果的にお尻が垂れているように見え、ヒップラインが崩れてしまいます。
そして、後ろから見たときの「脚の長さ」にも関係してきます。

つまり、お尻の大きさや形によって、脚が短く見えることにも繋がるわけです。

それでは、あなたが憧れている“美脚”にもなれません。
だって脚は細いのにお尻が垂れてたら、バランスが悪い残念な体型になりますよね^^;

脚やせをするときは、必ず「ヒップアップ」を同時に意識してください。

キュッと上がった丸いお尻は、
横から見たとき、後ろから見たときのボディラインがキレイになりますし、
それだけでスタイルも良くなります。

特に四角いお尻の人は、横に広がった部分を引き締めていきましょう。

今日はそのための効果的な筋トレ、『サイド・ヒップレイズ』を紹介します。

サイド・ヒップレイズのやり方

(1)四つん這いになり、背筋を真っ直ぐ伸ばします。

(2)膝を直角に曲げたまま、お尻の高さまで真横に引き上げます。

脚を上げるときには勢いをつけず、さらに腰をひねらないようにしてください。

(3)脚をゆっくり下ろし、10~15回を目安に繰り返します。

(4)反対の脚も同じように行います。

※左右各10~15回を目安に1セットとし、計2~3セット行う。
※2日に1回のペースで行う。

この筋トレでは「お尻の外側」を主に鍛えることができるので、
下に垂れたお尻だけでなく、日本人に多い「横に広がった四角いお尻」にも効果的です。

広がったお尻をキュッと内側に引き寄せる」という感じですね。
お尻を小さくしたい人には最適な筋トレだと思います。

また、お尻全体の位置を上げるためにはヒップリフトも効果的なので、
2つの筋トレを組み合わせると、バランスよく引き締めることができますよ。

脚やせだけでなく、「美脚」と「キュッと上がった丸いお尻」をセットで考え、
細身のパンツが似合うスタイルを手に入れましょう^^


3つのアプローチで美脚に変える脚やせ法

脚が太くなっている原因を徹底的に取り除き、あなた本来の脚の細さを取り戻すことができる脚やせ法。

  • 1日たった2分、3つのアプローチをするだけ
  • 内ももが細くなって太ももに隙間ができる
  • 筋肉質な脚でも細くなる
  • むくみがなくなって見た目がスッキリし、脚が軽くなる

それが『スリムレッグラボ』です。

夏本番までにとにかく脚を細くしたい、美脚を手に入れ、自信をもって細身のパンツや脚が出る服を着たい、という方にはピッタリな方法です。

 

関連記事はこちら

このページの先頭へ